なないろの森
うさぎ便り 森のイラスト リンク集
うさぎ便り
ごあいさつ ヒーリングメニュー 魔法学校 セラピスト紹介
 
感謝の夏 2020/08/01
コロナ感染がなかなか終息しない中、初めての夏を迎えます。
夏と言っても今年は、7月に台風が来ないのでなかなか梅雨前線が
去っていかないと、気象庁からの説明です。

でもようやく夏の暑い日差しが今日になって届きました!

親しくさせていただいた永田さんとのお別れがあってから、じゅんこさんと
二人で梅雨のジメジメ気分も重なり、
夏が迎えられるだけでも感謝だねっと顔を合わせるたびに話していました。

昨年まで、15年間続いていた夏の山荘合宿。
当たり前のように毎年夏を迎え、滝行山荘イベントや山小屋でのバーベキュー
瞑想・前世ワークなど、たくさんのイベントを行ってきましたが、今年は異例の
夏イベントは控えることにいたしました。

海の家がないように、夏の夜空の花火大会が無いように、
自粛の夏休みになりそうです。

そうは言っても今年しかできない夏の過ごし方もきっとあるはずと、
先週から、伸び放題に伸びた雑草の草刈りや、長年飾られていた装飾
オブジェなどを綺麗に洗ったり、空間の断捨離が始まっています。


太陽がジメジメした空気を照らし、コロナさえも焼き尽くしてくれたらいいのに・・・。

今年の夏は、お日様に感謝して自分たちが暮らす街に日差しといい風を運んでくれますよう
暑さを乗り切っていきましょう。

また、セッションは引き続きオンラインセッションを行なっています。
対面希望の方は、鎌倉のカフェセッションもスタートしてみました。

なるべく自然の感じられるガーデンテラス席のあるカフェでセッションを行なっていく予定です。
コロナ対策として狭い空間を避けてのセッションになりますので安心かと思っています。

現地で、お客様と待ち合わせをするスタイルを始めてみました。

ご予約の際には、いずれも希望をお知らせいただければ幸いです。

良い夏をお過ごしくださいませ。



 
本当にありがとう。永田さん。 2020/07/19
こんにちは。

今年の梅雨は、長雨と洪水による被害が多くなっています。
コロナの影響も拍車をかけて、本当に大変な夏を迎えようとしています。
通常な暮らしに戻るにはあとどのくらい月日がかかるのでしょか?
それでも毎日日々の中で幸せを探しながら魔法使いの老婆二人は、
医療従事者の方々や、介護で働くスタッフの方々にボランティアで
エンジェルマスクを作り続けています。


そんな時に、皆様に大変辛い報告をしなければならなくなりました。

なないろの森をいつも、影で支えてくださり、魔法市やなないろの夏の山荘イベントに
必ず参加してくださり、たくさんの思い出を残してくださった、
カメラマンの永田知之さんが、7月13日に永眠されました。
先日奥様よりご連絡を頂きじゅんこさんが電話口で涙される奥様から訃報のお知らせを
聞きました。

永田さんから
大変お世話になりましたと涙ながらのお電話でした。
あまりにも突然ですが、なないろの森の二人は、昨年末から重い病気と闘わなければならない
事情を教えて頂き、昨年末は、ささやかな忘年会をゆかりのある地で永田さんを囲んで
お会いすることができました。

本当に無念で残念で、何も手につかない状態ですが、なないろの森が主催する
暮らしの魔法市のイベントでは、本当にたくさんの人々に魔法をかけてくださる写真を
撮っていただきました。
永田さんに撮っていただいたプロフィール写真は、どの方のお写真にも魔法がかかっています。

感謝を言い表す言葉も見つからないほどです。

魔法市は、初回から丸3年全ての回に参加して頂き、懇親会でも参加者全員の写真を撮ることを
欠かさず好意で撮ってくださりました。

まだまだ、やりたいことがたくさんあるんだ!
っと、闘病中でもいつも前向きな姿勢でお話しされていた永田さん。
つい先日も、メールのやり取りをしたばかりなのに・・・。

本当に悔やまれます。
私たちは、何をお手伝いすればよかったのでしょう。

今は、ただ悲しみを乗り越えて、皆様にお伝えてしなければとご報告させて頂きました。

悲報になってしまいましたが、永田さんのご冥福をお祈りします。

合掌
 
オンラインセッションand講座開催中! 2020/07/02
7月になってしまいました。あっという間の春から夏へ。
いつもの年と違った暮らしに、戸惑いがある中で、季節が
どんどんスピードを速めて行く気がいたします。

ようやく自粛生活から少しずつ解放され、鎌倉の街にも
観光客が少しずつ戻り、紫陽花を眺めに来られる方たちも
多くなってきました。

心配しながらきっとまた、感染者が多くなってしまう予感は、
皆さんあるかと思います。

今日は、久しぶりの3桁の都内での感染者で、またまたニュースに
なっていました。

人と会う世の中の根本的な暮らし方が、どのようになって行くのかが、
本当に心配な時代です。

当たり前のように外に出て、当たり前のように買い物したり、食事をしたり
みんなでイベントを盛り上げたり、スポーツ観戦や、学校行事、季節のお祭り、
その他、旅行などの人の暮らしのベースになるライフスタイルが、目に見えない
敵と共存しつつ、暮らしていかなければなりません。

人と会っていても、なんだか落ち着かない、
こんな時代が起こるとは、去年の今頃に誰が予想していたのでしょうか?

安心して暮らしていける世の中に軌道を修正して行くために、私たちができる
ミッションは?

毎日そんなことを思いつつ、月夜の晩に手を合わせて祈ること、神社で平和を祈ること、

玄関の前を浄化してみたり、歩きながら、風水の波動が高まる方法を考えてみたり、
この4ヶ月間、悶々とエンジャルマスクを作りながら、考えている次第です。

昨夜は、3ヶ月ぶりに訪れた富士山荘から帰宅しました。
あまりにも、庭の雑草が伸び放題で、嵐の天候の前に、芝刈りをしに
出かけてきました。

富士山にも、コロナのことを相談して、下界の闇を払うための方法を
聞いたりもいたしました。

無力な人間にどうか良い知恵を授けてください。
神様の意思でこのように事態を起こしているのなら、
その根本的な問題、原因になる人間の暮らし方のもとは何かを教えて欲しいと。

答えは、どのような形でお知らせしていただけるのでしょうか?

コロナの解決に向けて、全世界の人間の知恵を結集して、
遺伝子の中にそのヒントが、
暗号があるかと思います。

1日も早く、解読してくれる神の子が現れてくれるように期待しつつ、
今日も夜空に祈りを捧げています。

小さな祈りですが、必ずその思いは、届いていると信じています。

さて、7月も引き続けき、
通常セッションを行っていますが、今の時期は、やはり対面セッションではなく、
オンラインで皆様の健康と安全を考えてセッションをお願いしています。

ご協力お願いいたします。

講座の方もオンライン講座で対応させていただいています。

ご興味のある方は、ご連絡いただければ幸いです。

ご自身のスピリチュアル度をアップして家族の健康と幸せを改めて考えてみたいという方にも
オススメです。

こんな時期こそ、自分探しの旅、ぜひ一緒にレッスンして波動を高めていきましょう。
また、皆様が体調が健康で入られますようお祈りいたします。

 
セッションは、ビデオ通話、メール、電話対応で 2020/06/01
6月になりました。
緊急事態宣言は、解かれていきましたが、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

新しい生活様式、マスクと消毒が欠かせない日常。
ソーシャルディスタンスのある買い物。
人と人との距離を取りつつ、心の絆は深めていきたい。
っと思いつつも、しっくりこない、会うことも難しい世の中になっています。

毎日最前線で戦っている医療従事者の皆様が少しでも軽減できるように
私たちができることをしていきましょう。

どうか新たな感染者が増えないよう
自分たちで暮らしを守っていくように、少しでも医療の方達に休みが取れますよう
努力していきたいと思っています。

今月も引き続きビデオセッションとメール、電話でのセッションの対応をさせていただいています。

鎌倉は、少しずつ紫陽花の季節になっています。

小町通りに人々が戻ってきています。
海沿いには、浜辺で人々が遊び始めています。

嬉しいやら、危ないやら、複雑な気持ちでいます。

エンジェルマスクを4月から、ご縁のある方達にお送りさせていただいています。
そのお礼に、エンジェルさんの不思議を垣間見られる現象が多々あり、
ありがたく思っています。

様々な喜びの手紙をいただいたり、1メートルの高さがある花束が届いたり。

お花のお礼は、たくさんいただきました。
お菓子、紅茶、ハーブティ、ゴールドの色で愛と書かれた書画。
同時に天地創造のようなイラストの絵。

ミシンの調子がおかしくなり、修理に出したりする道すがら、
なぜかご縁のある場所から
畳一畳はある巨大な黒板をいただくことになったり、
食器やお皿なども!

みんないただきました〜。

これも、エンジェルさんからのギフト???

などなど。

その届くタイミングが絶妙なんです。

主人の誕生日や、娘たちの誕生日。
あと記念日だったり、家族の命日だったり。

その都度、自粛でバースデーのお花が買えないなっと思っていると
ピンポーンっと、届いたり。

ケーキもいただきました!

なないろのマスク工房となった我がアトリエには、たくさんの愛溢れる
贈り物が毎日のように届けられ、ありがたい日々になっています。

本当に皆様ありがとうございました。
黒板は、今、じゅんこさんが等身大の大きさのなないろの森マリア様を
描き始めています。

エンジェルさんたちのマザーが必要になったのかもしれませんね。


少しずつではありますが、エンジェルマスクは、羽ばたき続けていく予定ですので、
どうか皆様の健康で幸せな暮らしに役立たせていただければ幸いです。

6月もこれ以上の感染者が出ないよう鎌倉の地で祈りを捧げていきたいと思います。



 
5月のセッションは全てメール、電話、ビデオ通話で 2020/05/01
新型コロナウィルスによる感染で、世の中がすっかり変わってしまいました。
皆さん、ホームスティはどのように過ごされていらっしゃいますか?

なないろの魔法使いの老婆姉妹は、セッションの合間に家庭菜園やエンジェルマスク
作りに励んでおります。

エンジェルマスク?
アベノマスク?

エンジェルは、なないろの永遠のテーマ。
そんな気持ちでマスクに託してみなさんにお届けできたら素敵だね?
っと、二人で話し合い早々手作りを始めています。

世の中は、本当に大変な状況になってしまいました、

マスクが薬屋さんから消えてしまい、エタノールや除菌スプレーも無くなってしまい、
テレビでは連日、3密を禁じられ、自粛要請から、手洗い、マスク、消毒の3点セットを
命じられています。

行動制限がお国から出るなんて、誰が想像したでしょう。
買い物、飲食、働いてはいけない人がいれば、
なんとしてでも働かなければならない職業の人など。

どうやって食べていけばいいの?
子供達は学校に行けないし、医療は崩壊寸前。
マスクが足りない、防具服が足りない、コンビニのトイレは禁止になりつつあり、
散歩やジョギングしている人は、途中トイレはどうするのでしょう?

目に見えない敵と戦うには、スティホームしかないようです。

疑問が尽きない毎日ではありますが、お国のために今できることは、
老婆二人が考えたことといえば、

エンジェルマスクでした。

手始めに手を動かすことからスタートして、世のため人のために
働こうと少しずつ製作しています、

途中老朽化していた母の形見である唯一のミシンがオーバージュートならぬ
オーバーヒート。

ネジを外して、分解していろいろトライしてみたのですが、やはり、うんともすんとも
動きません。

手縫いをしつつ、新しいミシン探しにネット検索をしていたら、同じような考えの人たちが
たくさんいることに気づき、すでに手頃なミシンが完売。

さらに、悪いことは続き、
マスク用のゴムも完売。

いったい日本は、何を備蓄しているの?
マスクは、自国で生産をなぜしないの?
ゴムひもがないなんてどういうこと?

使い捨て文化など日本にはなかったことなのに・・・。

日本の人口の数のストックもなかったの?

などなど。

ミシンを探しながら老婆二人は、ブツブツ始まってしまいます。
すると仏壇の中の母が、何か言いたげにいつもの合図。

母は、昔から手作り女王のように私たちに言い聞かせてくれました。
何千枚、何万枚も手作りのセーターや洋服を作って、夜なべして
戦後、父を失い、長女の母が唯一の稼ぎ頭として、一家を支え、
6人兄弟を食べさせたという話です。ミシンでお米が食べれたというのが口癖でした。

そんな母との対話は、亡くなってからも不思議と続いています。
これは私たちだけの秘密の合図になりますが、母の伝言が
そっと風のように耳に聴こえてきます。

近くにミシンがあると・・・。
ふと、母の声が聴こえます。

♪ジャノメでお迎え嬉しいな、ピチピチチャップチャップ、ランランラン♪

? ? ?
ジャノメ?

ジャノメミシン?

新しいのを買うのではなく、ミシンの修理屋を探そうと
方向性を変えた途端、

出てきました!  地元のミシン屋さんがあるではありませんか!

しかも、ジャノメミシン!


困っていると、灯台下暗しで、なんと地元の小さなミシン屋さんで新品のミシンを
見つけることができました!

早々購入して、なんとゴムも少しなら置いてある!!

母のミシンは、綺麗に掃除して、ミシンを探してくださった、母にお礼を伝え、
神社にお礼を言い
お地蔵様にもご報告。

空には、雲の形や雨上がりの虹が出てきました!

ありがとうございます

嬉しいお知らせが続き、早々なないろのいつもの祈りがはじまます。

エンジェルのようにいつも見守ってくださいますように。
マスクにパワーを注入していただけますように。
手に取ってくださった方たちが幸せになりますように。

そして、1日も早く、この世の中が、次の安心できる未来へと繋がり、
世界が平和になりますように。

今日も母が見つけてくれたおニューのミシンがカタカタ音を立てています。


前置きが長くなりましたが、5月も引き続きセッションを行っています、
メール、電話、ビデオ通穂などいつでも対応していますので、
ご連絡お待ちしています、

こんな時期だからこそ、みなさんで明るく健康管理をしっかりして
乗り切っていきましょう。

http://www.nanairo-no-mori.net/



 
copyright